Edge Computing 2022

NEXT Technology for DX センシング×エッジの最適活用がビジネスイノベーションを創出

2022年展は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

Edge Computingの来場者数について

開催日 天候
来場者数電子機器トータルソリューション展として
※同時開催展含む人数
6月15日(水) 雨曇り 8,525
6月16日(木) 曇り 9,587
6月17日(金) 晴れ 9,860

Edge Computing 2022とは?

2009年には10億台程度と言われているIoTデバイスは、2025年には400憶台を超えるとの見通しが発表され、インターネットに接続されたデバイスが、膨大なデータを生成する時代が到来しています。そして、このデータを安定的に処理・分析・運用するため、今、「エッジコンピューティング」に注目が集まっています。

また、マーケットでは5Gの整備が進み、自動運転、スマート工場、遠隔医療、スマートシティなどの技術イノベーションが活況を呈し、リアルタイムな分散処理が可能となるエッジコンピューティングへの期待が高まっています。

このような背景から、Smart Sensing展と同時開催し、センシングをベースとした「データ処理」「データ分析」「データ運用」にフォーカスし、低遅延・高信頼・通信量低減を実現する「Edge Computing」を開催することとしました。

出展のご案内

出展対象

低遅延、高安全、低通信量などの優位性をもつエッジソリューションを提供する企業・団体

エッジソリューション応用分野
自動運転システム、工場内機械制御、AV・家電関連、遠隔医療、AR/VR、スマートシティ、アグリテック、FinTech、無人店舗 等
ハードウェアソリューション
CPU/MCU、FPGA、DSP、エッジデバイス、センサーソリューション、ネットワークソリューション
ソフトウェアソリューション
OS、ミドルウェア、画像分析、音声分析、エッジAI、アプリケーション
システムソリューション
各種システム、エッジセキュリティ
プラットフォーム、開発ツール、インテグレーションンサービス

来場対象

エレクトロニクス分野でも専門性の高い企業、研究団体の方が来場します。

自動車関連、OA/ロボティクス、情報・通信関連、AV・家電関連、医療機器関連、半導体デバイス関連、航空・宇宙関連、光技術、電子回路基板、その他

開催概要

名 称
Edge Computing 2022
会 期
2022年6月15日(水)~17日(金) 午前10時~午後5時(予定)
会 場
東京ビッグサイト 東展示棟
共 催
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
一般社団法人日本電子回路工業会
出展料
1小間/9m²(3mx3m) 451,000円(税込)
同時開催
電子機器トータルソリューション展2022

展示会のサステナビリティの取組

JTBコミュニケーションデザイン(JCD)は展示会主催・運営会社として、サステナブルな展示会の開催を推進しています。
サステナビリティ方針、調達コード、運用方法など企画の段階から提案を行い、主催者である企業・団体のサステナビリティの実現に向けた積極的な取り組み支援を行っています。業界の従来型のエコシステムだけでなく、地域社会とも連携しながら、持続可能な社会の実現を目指します。

展示会の出展者が意識すべき、サステナビリティへの取り組みとは

TOPへ戻る